メインメニュー
アーカイブ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

全国の「踊りに行くぜ!!」仕掛人便り - 最新エントリー

中庭とロビーの公演は、こんなふうでした。
中庭ではダンス初体験の地元ワークショップメンバー5人の「感動的」なダンス。

ロビーではKENTARO!!さん、でした。



ステージでは、近藤良平さん、Dance Theatre LUDENSさん。
全館ダンス三昧のひと時となったのでした。

(つ)

お国自慢;前橋会場への道 2

カテゴリ : 
vol.9 » 前橋情報
執筆 : 
producer 2008-10-20 5:26
前橋にはマクドナルドが13店舗あるらしい。たしかに 車で走っているとあの看板といつも笑顔のロナルド君がよく目につく。JR前橋駅の改札を通ると正面に初めに見えるのがマックだったりで、他の街ではどうか知らないがきっとこれは自慢出来ることなのだろうと自慢してみる。何よりここのフライドポテトはウマい。朝から家族連れがケチャップ付きでメガマックとコーラのセットを大声で注文している。前橋では飲み込む前に次を口に放り込んで最後にコーラで流し込むのが作法だ。今日もそれが出来ない子どもがひっぱたかれていた。因に、いまの「ハッピーセット」のおまけはなんと「ちびまるこちゃん」だ。 特に両手にマラカスもって「か行」の躍りを見せてくれる「おどるまるこちゃん」は歴代のハッピーセットのおまけの中ででも秀逸の出来である。まだ残っているかどうかは知らないが、前橋の「躍り!!」の土産にいかがでしょう。


と、全国チラシの「お国自慢」に書いたものだから、「前橋のひとはみんなマックが好きなのね」と勘違いされてもいけないので、会場に向けて駅の北口から出て歩いてみた。「東横イン」の巨大な看板をくぐって、すぐにあるのが「マツモトキヨシ」。あの伝説のポイント10倍セールは11月3日はやっていないので店内通過だけにしておこう。店を出ると必ず見られるのが、スカートの下にジャージをはく女子高生の一群。因みにルーズソックスも、この着こなしも前橋が発祥の地らしく、地元ではここで待ち合わせをするときには「109 (ひゃっく)で」と言うらしい (ホントかいな)。その先にあるのがあの「吉野家 前橋駅北口店」だ。つゆだくだくの牛丼に生卵にしょうがをたっぷりのせて七味を思いっきり振ってかき混ぜ、ハフハフと一気に食べるのが前橋人の食べ方だ。吉野家では、最近豚キムチ丼やらソースかつ丼、うな丼やらとバリエーションが出ているが、牛丼屋なのだから牛丼を間髪、椅子に尻が触れる前に注文しないと、すぐによそ者だとばれてしまうので、ご用心。因におとうさん、牛皿にお新香で一杯もおつなものだが、冷酒もビールも3本までなので、気をつけて。 すぐにイトーヨーカードーとミスタードーナツが見えてきますが、次回のお楽しみ。
「ダンスと一緒にラポルトすずを巡るツアー」と題していますように、珠洲の公演では、建物の中のあちこちがステージになります。ロビーではKENTARO!!さん、それに中庭でもワークショップメンバーが踊ります。
KENTARO!!さんが踊るのはこのあたりでしょうか?  それともこちら? 
↓夜の外観。これも舞台装置になります。

(つ)

鳥の劇場【鳥取】より

カテゴリ : 
vol.9 » 鳥取情報
執筆 : 
producer 2008-10-13 12:34

踊りに行くぜ!!開催2年目の鳥の劇場です。
鳥の劇場という名前は、劇団名でもあり、場の名前でもあります。
場所は鳥取県鳥取市鹿野町、風情ある小さな城下町、
使われなくなった幼稚園と小学校を劇場へと作り変えています。
18日の鹿野では「わったいな祭」開催中です。
白いそばの花やコスモスが咲き乱れる中、露店やフリーマーケットが立ち並びま
す。
鳥の劇場もコスモス畑の真ん中で「鳥のカフェ」をオープンします。
秋の一日を満喫するとしたら・・・
夕方までお祭りを楽しんで、
17:00開演「踊りに行くぜ!!」のんびりした町で前衛ダンス鑑賞、
夜は温泉につかってリフレッシュ。
そんな過ごし方はいかがでしょう?
お待ちしております。
鳥の劇場
http://www.birdtheatre.org/
※17:00開演に合わせた、最寄のJR浜村駅からの無料送迎も承ります。(要予約)

次の土曜18日開催へ向けて…

カテゴリ : 
vol.9 » 珠洲(すず/石川)情報
執筆 : 
producer 2008-10-13 10:36
初めての開催となる石川県珠洲市です。能登半島の先端まで「踊りに」来て下さい!
・・・さて、先週末からワークショップが進行中です。今日は稽古場を出て、本公演の舞台となる予定の中庭でのワークでした。LUDENSの皆さんも一緒です。
田舎でコンテンポラリーダンス? 難しいことは気にしません。みんな楽しく身体を動かしています。 
さてどんな作品になりますやら。お楽しみに。
(つ)

ダンスは嫌いだああ

カテゴリ : 
vol.9 » 松山情報
執筆 : 
producer 2008-10-10 15:07

ダンスは嫌いでした。何がいやって、小学校のとき、何かのイベントで皆で集団ダンスを練習しているとき、病弱で学校を休みがちな私は完全に置いてきぼり!しかも病みあがりに何が悲しくて炎天下のグラウンドに立ち続けなくてはならないのか。


楽しくないことこのうえない。


そんな私が16年前にやってきた松山は、コンテンポラリーダンスがとても盛ん。否応なしに巻き込まれ、気がついたら踊りに行くぜ松山の主催者の一員に。ありえない。絶対にありえない。


ありえないことが生じた最大の理由は、中心に陣取るダンサーたちの気持ちのよさではなかったか。作品においても、行動においても。こちらに何かを押し付けようとか、他の価値観を否定しようとか、従来のダンスにありがちだった鬱陶しさが全然ない。だから、彼らを応援するし、巻き込まれ続けたいとも思ったのです。


MSさんが書いていたように、ダンサーたち自身が、自分の表現意欲を抑制して中間支援することは、並大抵のことではない。その苦労に報いるためにもいい公演にしたいと切に願う。


まずは、満席の客席でアーティストたちを迎えたい。ぜひ皆さん、10月30日、松山公演を観にいらしてください。


TT

別府公演!!<中心市街地巡行型>

カテゴリ : 
vol.9 » 別府情報
執筆 : 
producer 2008-10-7 8:42


みなさん、こんにちは。
湯の町別府から11月15・16日に開催される「踊りに行くぜ!!」情報を送りします。
今年の別府公演は別府の中心市街地巡行型公演!!
商店街の中や、ネオンが輝く道の中、公園などなど中心街の様々な場所でダンス!!
チラシも完成し、先日はJCDNの佐東さんも別府に来られ、スタッフのモチベーションもガンガンあがってきています!!
また、巡行型公演ということでスタッフもどんなダンスが繰り広げられるかワクワクしていますー。

是非、ダンスを観て、温泉に入って、湯の町別府を楽しんでくださいー

高知公演・いよいよ今週末開催!

カテゴリ : 
vol.9 » 高知情報
執筆 : 
producer 2008-10-6 12:55

まだまだ日中は暑い日が続く高知ですが、今週末の土曜日、いよいよ本公演開催です!

 

高知公演のチラシを手にとってご覧いただいた方はお気付きかと思いますが、

タイトルの”WE'RE〜”の部分にシルバーのインクが使われています。

これは今年の全体パンフの表紙にあわせて…という趣向を凝らしたわけではなくて、

いざチラシを刷り始めた際、紙とインクの相性が悪かったのか、4色カラーの上にのせる

半透明のホワイトがうまくのらず、苦渋の選択としてシルバーを混ぜたためです。

デザイナーさんにとっては少し不本意な仕上がりかもしれませんが、

暗闇から浮かび上がるように「踊りに行くぜ!」という情熱がより一層協調されているようで

なかなかよい仕上がりになっているのではと思っております。

              ★★★ 

さてさて、そんな高知公演に今回ご出場頂くのは、

 

・今年度のトヨタコレオグラフィーアワード・オーディエンス賞受賞者(不肖私も二年前一票入れさせて頂きました!)・KIKIKIKIKIKI

・大駱駝艦の分派のひとつ「ダンスラヴマシーン」にて師範代格として活動されていた経歴を持つ、高知ただ一人の舞踏家・中山直一氏率いる 七転八倒

・今年のトヨタコレオグラフィーアワードの審査の際に、藤田館長がこれは!とキャッチした才能 富野幸緒

・タイの伝統舞踊のメソッドをどうコンテンポラリーに流し込むのか、要注目の ピチェ・クランチェン

・美術作家とソロダンサーとビデオとテレビの不思議な融合・山賀ざくろ×泉太郎

 

以上の5組です。

今回、美術館ホール(というより、夜の美術館)ならではの、あっと驚く仕掛けを

ご用意しておりますので、是非お楽しみに!!!!!

(高知制作担当・広松)

松山・踊りに行くぜの会2008

カテゴリ : 
vol.9 » 松山情報
執筆 : 
producer 2008-10-2 5:03

松山では、10月に入って毎週、実行委員会やってます。ああでもない、こうでもない、いやああだ、いやこうだ。帰る頃には脳が沸いてフカフカしてます。

しかし、これは凄いことだとも思うのです。参加者の殆どはダンサーで、私が踊りたい!!  が当然なのに、松山で質の高いダンスを生み出したい、そして全国に発信したいとの熱い思いが、うごめいているのです。ダンサーでない私としては、毎回その熱い思いに感動するのです。

自分たちのダンスを、パブリックな視点で捉え、ゲージツを地域に根付かせようとしている、オトナナ集まりなのです。

「踊りに行くぜ!!」なんてアクティブな響きなのでしょう。

老いも若きも、一緒に行くぜ、踊りに!!!

松山には、日本最古の温泉といわれている、道後温泉もあります。湯につかりながら、最古の踊りに思いを馳せ、コンテンポラリーを見ようではありませんか。

一人でも多くの人が見に来てくださるよう、お待ちしてまーす。

                                             (MS)

今年の「in 前橋」フライヤー

カテゴリ : 
vol.9 » 前橋情報
執筆 : 
producer 2008-9-29 10:20


今年の「in 前橋」フライヤーとポスターは。 www.f-ritz.net

宣伝美術部長の佐藤正幸による三部作完結編となります。
もちろんフォントもキャラもオリジナル !!
佐藤君は、マニアッカーズデザインというユニットで活動していますが、オリジナルフォントを無料で配布しているので、どこかで見かけた人(利用した人)も多いかも ...。www.mksd.jp
今週末からはB0ポスターにして会場に何枚か掲示予定です。

また、当日はこの愛くるしさ人一(?)倍のウサギくん(名前はまだない。公募中)が、クラウンの修行でフランスから帰ったばかりのガイドと共に巡行前橋名物の先導をする予定。

さて、このピンクウサギくんの着ぐるみには一体誰が .... ?

ヒント
1;セーラー服を集めているらしい。
2;前橋生まれの前橋育ち。
3;なにげに夜ひとり国道を走っている。
4;今年の「躍り!!」3会場に出撃予定。
5;もうすぐ人生折り返し。
サイドリンク(注目情報)